ぼんじり(ぼんぼち、テール)の下処理方法

日常

皆さんは焼き鳥の中で一番好きな部位はどこでしょうか?
モモ、レバー、ハツなど様々な人気部位がありますが、個人的に最も好きな部位はぼんじりです。
あの柔らかなぼんじりが大好きで、焼き鳥屋に行く度に必ず何本も注文してしまいます。
しかしながらコロナの影響で外食を控えていることもあり、なんとかして家で食べる方法はないものかと思い、ネットでぼんじりを購入して自分で下処理をして食べてみました。

ぼんじりの下処理

全体の流れとしては
・羽毛を取る
・油壺(オイルキャップ)を外す
・骨を外す
となっています。
それでは早速やってみましょう。

まずはネットでぼんじりを販売しているショップを探してコチラで購入してみました。

宮崎県産エビス鶏 ぼんじり[1kg]■生鮮品■【宮崎県産】【九州】【鶏肉】

価格:874円
(2021/2/23 01:40時点)
感想(276件)

数日後、冷蔵便で到着したので早速処理をしていきたいと思います。

2kg購入しました
羽毛がついているものがあります

このように羽毛の根元が残っている場合があります。
これが残っていると、食べた時に口の中に残ってしまうのでピンセット等で抜いてしまいましょう。

ストローの様な形です

羽毛を外したら、次は油壺を外していきます。
油壺とは脂を分泌する器官で、独特な癖のある香りがします。
外さなくても食べることはできますが、今回は外してみます。

骨の位置を確認します
親指を押し入れます

骨の上をなぞるように親指を入れていきます。
最初は結構力がいりますが、慣れてくるとスムーズにできるようになります。

黄色い袋が油壷です

油壺がでてきました。
この黄色い塊を取り除きます。

骨の両サイドに包丁を入れます

油壺が取れたら、骨を取り除きます。
骨の両サイドに切り込みを入れ、下を潜るように骨だけを切り取ります。

とりあえず完成

後はこの作業をひたすら続けていきます。

全て完成

1時間ほど掛かりましたが全て終わりました。
左上が外した骨、右上が外した油壷、まな板の上がぼんじりの食べる部分です。
骨は煮込んでスープにします。

以上で下処理は完了です。

初めてだったので上手く出来るか心配でしたが、無事に完成しました。
後は小分けにして冷凍しておいて、好きな時に焼いて食べます。
また無くなったらリピートしたいと思います。是非皆さんもやってみたください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました